高麗人参を作る土壌について

高麗人参を作る土壌について

高麗人参を栽培するにあたって考えなくてはならないのは、まず環境です。
最近では世界的にこの栽培が広がっていますが、一定の環境条件を満たしていることが重要になります。
まず非乾・非陰・非陽という言葉に示されているように、暑すぎず、寒すぎず、水はけのいい土地が必要になります。
特に水はけの問題はかなり重要で、高麗人参は通気性のいい土地を好むことで知られています。
土地の水分量は50%から60%程度が適しているようで、これを超えても下回ってもうまく生育しないということです。
もともとこの植物は賛成の土壌を好むようでアルカリ性の土地は苦手です。
また化学肥料とはめっぽう相性が悪く、だいたいこうした肥料を使いますと根腐れをおこします。
したがって有機物を使ってじっくり土地を作って上げなくてはならないのです。
これに平均1年から3年程度の時間がかかるのです。
そこまで準備を整えてやっと栽培がスタートということになりますから、相当気の長い話として考えておかなくてはならないわけです。
労働コストなどから考えますと高くついても仕方ない植物ということは理解できます。
これらの条件を満たして、はじめて栽培がスタートすることになります。
そんな環境の中で育った高麗人参のおすすめのサプリメントがこちらで紹介されています。


さて、化学肥料を嫌う高麗人参では有機物を利用して土壌作りをしていきます。
通常使われるのはとうもろこし、ソルガムといった有機物でこれで耕すことに3年近く時間が使われるわけです。
この人参は直射日光を嫌いますので、日が当たらないようにする屋根や小屋をつくってやらなければなりません。
種まきが終りましたら朝日以外の光が当たらないようにしてあげます。
これをくりかえして面倒みているとほぼ4年目に発芽していよいよ実がなります。
これを4年から6年目に収穫していくことになります。
6年根ともなると根腐れ、害虫などの様々な問題をクリアさせていかなくてはなりませんので、そうとう慎重な栽培が求められることになります。
実に微妙なのは6年根がサポニンの蓄積のピークで7年目からはその含有量が落ちてきてしまいます。
収穫のタイミングも大変重要なのです。
これで収穫までなんとかこぎつけられると、その後は土地を寝かせることになります。
高麗人参は成長のためにその土壌の栄養分をすべて使い切りますので、自然の力でこの土地の栄養分を回復させるためにまた10年寝かせることになります。
これだけの手間をかけた6年根ですから、たしかに効果効能がすごいわけです。

そんな高麗人参サプリメントを選ぶときのコツを教えてくれるサイトがありますのでご覧ください。