古より伝わる高麗人参の動悸への応用

古より伝わる高麗人参の動悸への応用

動悸というと、軽微なケース(一時的)と重篤なケース(めまい、失神を伴う)とに分かれます。
どちらにしても原因としては、一過性の疲れストレスによるものが多いです。
疲れやストレスが交感神経を刺激し、その神経刺激によって動悸が引き起こされていると考えられています。
よって、改善法の一つとしては、交感神経の刺激を和らげるといった方法が有効だと考えます。

高麗人参は古より伝わる漢方薬の一種で、滋養強壮安神効果などがあります。
滋養強壮効果とは、体に必要な栄養をもたらし、心身を元気にさせるという効果で一般的によく知られています。
安神効果ですが、これは読んで字の如く神を安定させるという意味になります。
神とは漢方で精神を意味し、直訳すると精神を安定させると捉える事が出来ます。
よって精神安定効果を持ち合わせる高麗人参は、精神的な原因で引き起こされる病全般に効果を発揮するのです。
高麗人参に含まれるジンセノサイドミネラルは、交感神経によく働きかけ、血行を促進する作用があります。
これにより不整脈が治るため、動悸がだんだんと改善されていきます。

ただし、動悸の改善に一番重要なのは、精神的に不安定に陥っている原因を改善するという事です。
そのままの環境で薬などを服用しても、不快な症状は一時的に治まっても、原因は改善されていないため、また新たな不快症状が発生してしまい、どんどん薬が増えてしまう事が懸念されます。
それは、症状をただ単に抑えてしまっているだけであり、原因は全く改善されていないだけではなく、薬の副作用を引き起こすなどの、新たなリスクを引き起こしてしまいます。
高麗人参は生薬ですから医薬品のような副作用はありませんし、長く使っても中毒性がありません
ストレスの原因を根本から解決することを優先し、症状改善には高麗人参を役立てるのが最も良い方法です。

ただし、先述した重篤な動悸である場合はこの限りではありません。
医師の診断を仰ぐようにしましょう。

高麗人参商品の選び方はこちらを参考にしてください。
そんな高麗人参の食べ方や飲み方はこちらにレシピが載っていますのでご覧ください。